もしも個人売買が不安なときは

当然、個人間だけで手続きをすることは可能ではあります。ですが、契約内容や登記手続きについて不安を抱く方もいらっしゃいます。

そのような場合に備えて、売主さまと買主さまの合意により取引をサポートすることも可能です。

弊社提携の行政書士事務所が不動産売買契約書など契約関係の作成をします。そして、司法書士事務所が法務局の登記申請の代理を行います。

ご不安を持たれた場合は、お気軽にご相談ください。

士業サポート費用

通常の不動産の仲介手数料は売価の3%プラス6万円になります。

仮に5000万円の売却価格でしたら、売主、買主にそれぞれ3%の150万円プラス6万円で156万円の仲介手数料が必要とななります。加えて通常は買い手の負担になりますが、法務局での登記申請費用として司法書士に10万円程度が必要になります。

よって、売り手と買い手を合わせての不動産仲介手数料は、322万円になるのです。

しかし、弊社紹介による士業の契約書作成と登記申請によるサポート費用は下記になります。

 行政書士&司法書士費用 : 売価の1%または30万円の高額の方

上記の例ですと322万円の仲介手数料が50万円になります。 (いずれも消費税別)

それでも不安な場合は正規の不動産仲介業者を紹介

重要事項の説明などがないとやはり不安だと思われる場合は、正規の不動産仲介業者を紹介します。

その場合でも特別に一般的な価格よりも安価な価格で正規の対応をさせていただきます。

 弊社紹介不動産仲介費用 : 売価の2% + 6万円 + 司法書士登記申請費用10万円

前述の例ですと 322万円の仲介手数料が232万円になります。 (いずれも消費税別)